メインイメージ画像

賃貸事務所を借りるなら

賃貸事務所を借りるなら、目的別に借りるのがおすすめです。 業務の目的別に、高速のインターネット回線が不可欠であったり、デザイナーズ賃貸のようなハイセンスが適切だったり、 SOHO事業のため安い家賃が優先事項であったりと要求される部分が違いますね。 このことからも目的をクリアにして物件選びをすれば膨大な件数の物件から効率よく探すことが可能です。 事務所のタイプが決まったら、立地や賃料など実務的な条件で徐々に絞り込む方法が効率がよいでしょう。

イメージ 事務所を借りる前に、その建物の耐震性を調べておくことが必須です。 この先地震が起こった時の防災として、高度な耐震性が要求されます。 耐震性能についての法律は過去何回か改正されているので、何年の改正の法律に沿って建てられたのか確認しておくのが肝心です。 ここ最近、地震対策についての一般的な意識が高まっていますから、殆どの賃貸業者で耐震強度が高いという切り口で物件の紹介も積極的に行っています。 命の安全はどんなことより優先すべきですから、妥協のない事務所を選ぶようにしましょう。

事務所を探す際に見落としがちなのが、セキュリティについてです。 事務所であれば定休日など誰もいない時間が外からわかってしまうため、事務所荒らしに遭いやすい傾向があります。 しかも、先々に肝心のクライアントとのやりとりや電子機器など信用に関わるものを管理する上で、もしものことがあれば顧客からの信用に関わり、 会社復旧のための費用面でのダメージも深刻なものになるでしょう。 第一に確かなセキュリティを導入している事務所か、そうでなければ自己負担で導入可能かを確認しましょう。

事務所を移転するときの諸経費について考えてみませんか? どの事務所に移転する場合でも、ほぼ100%生じる経費とそれ以外のコストがあることを知っていますか? ほぼ必ず生じる経費とは、敷金や礼金、不動産業者への仲介手数料など、契約がまとまったら賃貸料のおよそ数カ月分を先に支払うものです。 一方、必ずしも生じるわけではない経費の中には、内装工事や回線など、事務所設備に掛かる諸経費があります。 建物設備については、バジェットを割いて大幅に手を加えていくのか、既存設備を流用してコストカットを目指すのかは予算次第で決められるのです。

更新情報